万年カレンダーのテンプレートの作り方

設定方法

今回の記事では、カレンダーの「レイアウトの作成方法」を解説します。エクセルの基礎的な機能を補足説明を入れながら解説しているため、エクセル初心者の方にもわかりやすい内容となっています。

「年月」「曜日」を入力

エクセルを開き新規作成を選択します。立ち上げたワークシートへ「年月」「曜日」を入力します。

年月・曜日を入力
年月・曜日を入力
ワンポイント解説

入力したデータを見ると、「文字」と「数字」がセル(一つの四角い枠)の中でそれぞれ左寄りと右寄りに分かれている事がわかります。

これは、エクセルがセルに入力されたデータをどんな種類のデータとして認識しているかによって変化します。

  • 左寄り:「文字」として認識されているデータ
  • 右寄り:「数字」として認識されているデータ

(データを入力した後に「文字」や「数字」を見た上”左寄せ”、”中央揃え”、”右寄せ”へ変更は可能。)

罫線を引く

「日」のセル(C4セル)からドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま移動)し、「土」の6行目(I10セル)を選択します。カレンダーは、その月によって週の始まりが変わるため6行分選択します。

ドラッグの解説
ドラッグの解説

エクセル画面の上の方にあるホームタブ(「ファイル」「ホーム」「挿入」・・・と並んでいるところ)を選択し、「罫線」リストから「格子」を選択すると枠線が引かれます。

ホームタブ→罫線→格子
ホームタブ→罫線→格子
枠線の確認
枠線の確認

文字の色を変更(フォントの色)

文字の色(フォントの色)を土曜:”青”日曜:”赤”へ変更します。「土」(I4セル)を選択し、「ホーム」タブの「フォントの色」から”青”を選択します。(「日」(C4セル)の場合は”赤”を選択します。)

文字の色を変更
文字の色を変更

背景色の変更(塗りつぶし)

セルの背景色を土曜:”薄い青”日曜:”薄い赤”へ変更します。「土」のセル(I4セル)を選択し、「ホーム」の「塗りつぶしの色」から”薄い青”を選択します。

(「日」のセル(C4セル)の場合は”薄い赤”を選択します。)

背景色の変更
背景色の変更

※ ”薄い青”、”薄い赤”は正式な色名を記載しているわけではありません。見やすい色を選択して下さい。

中央揃え(文字の位置を調整)

曜日の文字位置を中央揃えへ変更します。「日」のセル(C4セル)からドラッグ(マウスの左のボタンを押したまま)して「土」のセル(I4セル)まで選択し、”中央揃え”を選択します。

中央揃え
中央揃え

まとめ

作成したカレンダーのレイアウト
作成したカレンダーのレイアウト

今回の行程で上記のようなカレンダーのレイアウトが作成できたかと思います。作成過程で用いたエクセルの機能は基礎的なものですが、使用頻度が非常に高い機能となっています。

今回の記事が、あなたのエクセルスキル向上に貢献できれば幸いです。

Presented by うしむね

コメント

タイトルとURLをコピーしました